葬儀中にトイレに中座、ちょっとした油断で大変なことになる

葬儀の喪主は、中心人物です。そのため葬儀の時には喪主がいないと進まないことがあります。喪主になると肉体的負担もありますが非常に気疲れしてしまうため、精神的に参らないように気分をリフレッシュすることも必要です。多くの参列者に挨拶をすることで時間的な制約を受けることもあります。そのためトイレに行くことができずにそのまま葬儀が進んでいくことがあります。途中で中座することができないこともあるため、できるだけ速やかに時間を見つけてトイレに行くようにしたいものです。しかし、このときにさらなる失敗をしないようにすることが大切です。

喪主は葬儀の前にトイレに行くときには誰かに伝えておくことが必要です。誰にも伝えずに中座してしまうと後々パニックになってしまうことがあります。参列者の対応をしている途中で中座する場合でも遺族に伝えることや葬儀会社の人にトイレに行く事は伝えておきましょう。通夜を行った翌日に告別式を行うときには、疲労もピークになっています。葬儀が行われる前にトイレに行った時に、ほっとした瞬間に睡魔に襲われてしまうことがあります。気がつかないうちに眠ってしまい遺族などが大騒ぎしてしまうことがあります。

喪主がいないと葬儀を進めることができないため、席を外すときには必ず誰かに伝えてから中座をしましょう。日ごろ行わない気疲れにより眠ってしまうこともあるため、できれば洋式トイレを利用しないことも眠気防止に役立ちます。喪主のときには、油断をせずに葬儀を取り行っていきたいものです。