葬儀の途中でトイレに行く事は可能です

故人とのお別れとなる大切な葬儀の途中にトイレに行くことは、非常に失礼なことだと考えてしまう人もいます。それだけ厳かに行われることで、トイレに行ける雰囲気ではないことも影響しています。  

葬儀の時に遺族や親族であっても中座してトイレに行くことも可能です。参列者がお参りしているときでも時間や状況を確認すれば行けることになりますが、喪主になると容易に行くことができないものです。通夜や葬儀の時以外にも、お参りする人がいれば会場で対応することになるためです。そのため時間を見つけてトイレに行くようにしないと、我慢できない状態になってしまいます。  

通夜の後寝ずの番を喪主は行うことがあります。日本の仏教では、故人の子供たちが線香を絶やさずに寝ずの番を行うことになります。しかし、少子化が進むことで子供たちの数が減り、この寝ずの番をする子供も少なくなっています。交代で睡眠をとることもできない場合があり、トイレに行くことも容易ではありません。そこで葬儀会社の社員に手助けを頼むことになります。中座するときには社員達に対応してもらうことになります。  

トイレのことで失敗しないようにするためにも、水分をできるだけ補給しないことも大切です。しかし、暑い夏場の季節では水分補給しないといけない時期なので、非常に大変な時期に葬儀を行うことになります。他の冠婚葬祭と異なり急に行われるのが葬儀です。臨機応変な対応ができるように事前に打ち合わせをしておくことで、滞りなく葬儀を進めることができます。