葬儀の時はできるだけ早めにトイレを済ませておく

時間がどうしてもかかってしまう葬儀のときには、事前にトイレに行っておく事が大切です。葬儀会館であれば椅子に座って行うことになりトイレに行くのも問題なくスムーズにできるものです。しかし、座布団を利用する正座の状態で葬儀を行うときには、時間が経過していくことで足のしびれの問題があります。焼香することになるため、足のしびれている状態では立ち上がることが難しい場合もありますが、トイレに行きたいときには、我慢している分早めに対応したいものです。

足のしびれがあるときには思うようにことができず漏らしてしまう問題もあります。そのためできるだけ早めにトイレを済ませておくことが必要ですが、タイミングを考えて始まる5分前に済ませておくのが問題のない時間帯になります。これよりも早く済ませておくと直前に行きたくなる人や、遅くなると葬儀が始まってしまい遅刻してしまうことがあります。そのため5分毎程度に済ませておくことができるのが1番ベストの時間帯です。小さな子供と一緒に参列しているときには、できればおしめなどを利用しておくこともトイレのトラブルを未然に防ぐことができます。おしめ離れができたからといっておしめを利用せずに長時間葬儀に参列することは子供にとっても非常に苦痛です。

トイレに行きたいと話した時には間に合わないこともあるため、小さな子供におしめを再度利用することも必要です。小学校に入っている子供であれば、しっかりとトイレの説明をしておくことが必要です。失敗しないように色々なことを想定しておく必要があります